++++ 迷ったときには・・・ ++++



先ずは・・・・

腸環境から整えます。
<ビタミン> <ミネラル> <消化酵素> を補ってみます。

痛いときには痛みをとってあげたい。
かゆいときには痒みをとってあげたい。
辛い症状は、今すぐ全て取り去ってあげたい。
  ・・・愛する我が子であるからこそ、誰もがそう思って当然です。

  特定の効果を求めるサプリメントも、優秀な製品が沢山あります。
  それらをたちまち有効に生かせるネコちゃんも少なくないでしょう。
  でも、それってとても稀な事で・・・
  あと一歩のホメオスターシスとあと十歩のホメオスターシスの違い。
  もうお分かりいただけますよね。


ピンポイントであれば、お薬には叶いません♪
けれども対症療法でなく、完治を目指すなら
その症状を引き起こす真の原因にも目を向けなければなりません。
ホメオスターシス(恒常性維持機能)に問題が起こっているのですから。


病気の初めの一歩は、ホメオスターシスの狂いから起こり
狂いを引き起こす栄養の過不足は・・・
  1、最も足りない栄養素が初めの引き金となり
  2、最も必要としている部分に症状が出てくるのが道理で
  3、それはその子にとって最も弱い部分であることも無視できません。

医薬品に頼ることも大事な一つの選択肢です。
でも・・・最後の最後に健康を左右するのは
必ずご飯であり、そこに含まれている様々な栄養です。
これは保証分析値に見られるような項目にとどまらず
もしかしたら分析値で計測されていない(種類や削除された桁数)ほど
意味があるのかもしれません。

生きることを絶対に諦めない子達だから
私達が求めるのは元気なホメオスターシス。
 ・・・獣医療が届きにくい世界だからこそです。





「もしかしたら、これ?」 「じゃなくて、これかも・・・・」と迷うことがあるならば
サプリメント初めの一歩 として、免疫力の基本・・・腸に戻って

  ★消化と吸収を保護するための腸環境強化
  ★解毒と代謝の両アンバランスを補う為のビタミン&ミネラル&消化酵素
  ★排泄の水分
   この3つに集中します。


  言い換えれば・・・すべてはここから始まるわけで
  良質のご飯を使いながらホメオスターシスを守ることは
  実はそれほど難しいことではないのです。

  免疫力が最初の手段ではありません。
  代謝と解毒をさせることを目的にしたの<通り道=砦>の強化です。






「こんなんじゃ手ぬるいのでは??」って、お思いかもしれませんよね。


ならば・・・・
   しっかりと試されたことはおありですか?
   獣医療では出来ないことであって
   大多数の獣医さんが手がけられない内科療法に通じます。
だからこそ・・・・
この手法で手ごたえを経験された方が沢山いらっしゃるのです。




もしも過去に選ばれたビタミン&ミネラル&消化酵素が
食べられなかったり、増量できなくて断念されたのであれば
 受け入れてもらえるビタミン&ミネラル&消化酵素を
 どうぞ探して差し上げてください。

 受け入れてもらえる方法を
 どうぞ探して差し上げてください。

 1つの製品や素材に拘らず
 受け入れやすいものを併用なさってください。
 ・・・ビタミン&ミネラル&消化酵素は食材から補給できるものですから
    それ以外の原材料が沢山入っていなければ
    原則として全て併用が可能です。
    組み合わせることによって、さらに食べやすくなることもありますヨン。



使ってみたけれど、効果が無かった場合は
 効果が無かったのではなく、
 効果が出る域に到達できなかったとお考えください。
 中止される時期が早かったのかもしれません。

 また、同じ ビタミン&ミネラル&消化酵素でも
 製品や素材によってポテンシャルがかなり違います。
 ポテンシャルが低ければ、量を多く摂取しなければなりませんし
 高ければ少量でも何とかなります。
 あとは、どれだけ続ければホメースターシスに届くかです。


単体栄養素を使いこなすには、慣れ も、感 も、が必要ですが
マルチタイプであれば初めてでも大丈夫。

摂取量が増えても頑張れるなら、ミックスハーブでも大丈夫。
あとのことは次のステップで修正すれば良いのです。
 きっと小さな変化・・・ホメオスターシスの応答が見られます。
 もう一度、ホメオスターシスのためにトライしてみてくださいね。

 その時々で・・・
 ネコちゃんとホメオスターシスは、貴方も助けてくれると思います。^^









次のステップとして・・・・

マルチタイプで概ねカバーが出来るようになっても
結果が物足りない場合の次の手段として

★症状ごとにあわせた<目的に直結したポイント強化>のサプリメントを
  少しプラスしてみます。
  経過を見ながら、必要なら少し増量・・・・コレを繰り返してみます。

  個体差によって消費量が違いますから
  マルチタイプだけでは不足していることを想定して補います。

  よく追加したくなるのが・・・
   ビタミンC、ビタミンB群、ビタミンA、ビタミンE
   カルシウム&マグネシウム、カリウム、亜鉛、硫黄
   無くても作る事ができるとか・・、食べているからいらないとか
   過剰ウンヌンを言われるチームです。 ^^

   けれども、足りないことこそ心配です・・・・・。





★それでもレスポンスが悪い、または時間がもどかしい時
  さらには・・・・もっと奥深いレベルで根本治療を目指すなら
  全身に覆いかぶせるように、ホメオスターシスと強く関わる作用で
  アプローチを行います。



ホメオスターシスを守るための基本は
<ビタミン> <ミネラル> <消化酵素>ですが
食が進まない時間がすでに長い、戦う相手が強いなど
急を要する場合には、臨機応変な対応も必要です。
  ここではお伝えしきれませんので、必要な際はお問い合わせを・・・。





効果が薄れた時・・・・


「効かなくなった。・・・・」
 体が慣れっこになって、やがては虚弱が心配・・・・。

 果たしてそうでしょうか?

 病気になる+サプリメント=良くなった 
 良くなった=不要になった であれば問題はありません。




んが・・・以下が大事なポイント!

今のご飯とサプリメントの組み合わせによって過不足が補われた結果として
状態が改善され、且つ安定していることを支え続けているわけで
本当に不要になったのかどうかは、検証する必要があります。



特定の手段で状態がよくなるということは・・・・
その手法で代謝と解毒が進んでいると言い換えられます。
効果があったサプリメントを中止することで明らかな虚弱を感じると言うことは
ホメオスターシスの新たなピンチを示すサインでもあるわけです。
ですから、そのサプリメントだけでは不十分だったことや
現状に合わない&力価が足りないことも、考え合わせなくちゃいけません。

 ゴハンとたった一つのサプリメントで病気が治れば
 まさしく御の字(古いっ?!)です。 マルチですよね。
 でも、ネコさん達は私達よりも早い時間を駆け抜けていますから
 体質が変わっていくことも早いとお考え下さい。
 効果があったからそろそろ止めようかな?と思った頃に
 体質がすでに違ってきていることもあり得ます。

 同じサプリメント使い続けていると・・・
 効果UP→継続→効果低迷 といった『波』があるのは
 サプリメントで虚弱になるのではなく、すでに次のステップに
 移行していると考えるほうが良いでしょう

  決められた細胞分裂の数です。
  限られた寿命を刻んでいくわが子たち・・・・です。
  改善と言う形で神様が認めて下さること以上に
  サプリメントでその時間が逆戻りすることはありません。
  私達に出来るのは、その時々で駆け抜ける速度を少し遅くするだけ。

  もし、本当に虚弱が感じられることがあるならば
  それは、ネコちゃんの時計の方が早いのではないでしょうか?
  ホメオスターシスの要求が起こっていることもあるでしょう。
  ビタミン、ミネラル、消化酵素は、虚弱をもたらすようなものではありません。
  代謝と解毒を促す補酵素であり、貴重な働きをする栄養素であり
  食品から摂取しにくい栄養素・・・というだけです。^^


ビタミン&ミネラル&消化酵素は・・・
個々のネコちゃんが持つ力(ホメオスターシス)を最大限に引き出すためであって
時計までもを逆回転させるだけの力はありません。
あとはホメオスターシスの頑張りを支えるだけかもしれませんね。
でも、それが自然なこと・・・これもホリスティックです。


 本来寿命20年間をキチンと20年で費やして過ごしてくれるものが
 20年を15年で駆け抜けてしまうようなダメージスピードを
 20年を18年のスピードに戻してくれるようなこと。




 でも・・・誰もが20年を25年にしたいはずですよね。


若い頃からビタミン&ミネラル&消化酵素が十分あれば
 生合成の消耗や、解毒による疲弊も少ないわけですから
 始めの<寿命20年>を伸ばせる可能性も出てきます(^-^)v

コレが予防です。


だってね・・・
8☆才が平均寿命と言われても
  100才以上の方は沢山いらっしゃる!
ネコさんだって一緒!


 つまり・・・・ホメオスターシスの底力!






誰にも保証はできません・・・・。

ただ、悲しいかな・・・・
ネコさんたちはそれぞれの状態を私たちが正確に理解できる言葉で
伝えてくれることはありません。



 今、何をしたいのか、それには何が必要か。
 選択肢はあるのか? 比較するものはあるのか?
 使ってみた結果はどうか?
 継続すべきか、中止すべきか・・・それぞれを何処で見極めるか。

 これらは・・・
 全ては真の主治医である皆さんのご判断にゆだねるしかありません。

 ご飯やサプリメントに限らず、医薬品においても・・・・です。




  より高い安全性と、状況に応じた的確な選択のために
  学び、ネコちゃんを冷静にしっかりと観察し、判断するしかありません。
  ご飯であれ、サプリメントであれ・・・医療であってもそうあることが理想です。
  



  言葉で伝える術を持たないからこそ。
  繊細すぎる動物だからこそ。

  貴方以上に貴方のネコちゃんを知る人は世界中探しても居ません。
  誰かに責任を委ねるのではなく、ご自身の責任において。
  ・・・・全ては愛する唯一無二のわが子のために・・・・。








(加筆修正中)




Cat's専科NinnaNanna2nd Room
いかなる場合においても、保証の限りではありません。
お読みになる全ての方の責任においてご判断ください。