*** 微生物って何者?? ***



分類・・・ちっこくて、ややこしい(笑)


みんないわば異種タンパクであって内訳は以下のとおり。
 異種タンパクですから、一応、免疫細胞の攻撃目標になるって事ですね。


似て非なるコヤツら・・・その違いは??



細菌  バクテリアと呼ばれ、宿主を必要としない。
 単細胞の藍藻類を除く原核生物。
 代謝能力や生育環境(高温、乾燥環境等)は
 他の生物に見られないほど変化に富んで順応性があり
 有効利用されている側面も高い。

カビ  菌類の中でよく発達した菌糸体や胞子を持つ菌類の総称。
 糸状菌とも呼ばれる。味噌・醤油・日本酒の醸造以外にも
 酵素製造等に利用されていて、案外嫌われるばかりでもない。
キノコ  菌類の内、肉眼的に子実体(きのこ)を形成する仲間の総称。
 きのこは食用以外に医薬への利用・研究など、多方面におよび
 βグルカンで、ピン!ひらめく方も多いでしょう、仲間です。
酵母
(イースト)
 酵母という名前は分類群上の学名ではなく、カビ・きのこと同じ
 総称名で、醗酵が得意とする<酵素の生みの親>であることから
 分けて捉えられている。ビール用、味噌用、清酒用、
 しょうゆ用といった具合に、得意技で分類され利用されるものは様々。
ウイルス  宿主が必要=生きた生命体の中でしか増殖できない。
 そのため、ウイルスそのものは生命とはいえない。
 応用微生物学の分野で利用されているウイルスは現在ない。


細菌やカビなどは医薬品になることは
 ペニシリンなど青カビから発見されたことはあまりにも有名ですよね。
 ・・・青カビが産出する化学物質がブドウ球菌の生育を阻止、死滅させるため。
心地よく生きられる環境さえあれば、<どこでも発育>が細菌、真菌たちの得意技。

細菌や真菌類の撃退方法は、<心地良くしないこと>
温度、湿度、栄養はもちろんのこと、阻害物質が揃えば生きていけない生命体です。

代謝方法が哺乳類とは異なる為、細菌や真菌類独自のメカニズムを阻害することが
哺乳類の代謝に直接関わらない部分であれば、一定の安全性も保たれます。


好気生菌、嫌気生菌・・
空気が好きな菌と嫌いな菌だけにでも大まかに分類することが出来るため
たとえば整腸作用(腸内細菌)として利用する場合
微生物学者でなくとも解りやすいわけです。

細菌や真菌類が体内に入り込んだ場合・・・・・。
彼らが代謝によって産生する毒素が、細胞の外側からダメージを与えることによって
害を及ぼします。


抗生物質という見方はありますが、相性が必ずあります。
また、耐性菌の問題も、絶えず付きまといますが
ある意味・・・・・細胞の外側に居ることで、叩き潰しやすいわけですね。

・・・・・・・・耐性菌が出来にくいといわれる抗生物質でも
      彼らも存亡をかけて必死ですから、抗生物質に負けない耐性菌は生まれます。
      自然の掟:いたちごっこの側面は、必ず持ち合わせます。><




ところがその一方で・・・この細菌・真菌たち、良いことも沢山しています。
前述の抗生物資もさることながら、消化を助ける酵素の役割もしてくれます。
 
つまり。。。これがいわゆる 獲得免疫ってヤツ のひとつです。
微生物達は悪いヤツラばかりではなく、少々悪いヤツであっても良いことをするヤツもいる。^^

前述の・・・青カビが産出する化学物質 のように、
彼らは生きる為の代謝によって酵素を出すのですが
この酵素が毒性があれば 身体には害になり、毒性が無ければ 害にはなりません。
毒性どころか、消化を助ける物質にもなる場合があって、これが<消化酵素>に繋がります。

 NinnaNannaDelicaでゴハンに足りないものとしてあげた一つの<消化酵素>は
 この部分も含めて差しています。
  (生のモノと微生物はセットですモン、そして生肉を食べるように生まれている肉食獣と
   人の腸環境は同じではない為、ネコさん達は微生物と付き合うのが本当は上手♪ ↓)

 外出して、土を踏んで歩ける子達は、土に生息する微生物をお腹に取り込むことが出来ます。
 これはやがて獲得免疫となって消化を助けたり、一部の病気に対する抗体を
 持つチャンスも与えてくれるのですが、完全室内飼育になれば、この力は望めません。
 抗菌、除菌を徹底してしまうとさらに獲得免疫は得られません。
   
(それでも! 今の時代を私達と共に生きるなら・・・不妊手術と完全室内飼育は厳守です!)

 総じて、微生物はバイキンとして忌み嫌われますが
 ウイルス以外は・・・消化を助ける腸管免疫となりうることがあり
 健康を守る獲得免疫である側面を持つことを忘れず、上手に付き合いたいものです。
 強い腸になるって事は・・・↓を阻止できることにも繋がるからです。








一方、問題のウイルス・・・・。
 実は半生命体・・・・・・、ウグッ 半分とは半端な><

ウイルスは一人では生きていけず、ひとりでは仲間を増やすことも出来ません。
   (パートナーになる仲良しウイルスがいても・・・です。 ←意味ナシ><)

生きていくには、『ヨソサマの遺伝子』を借りなければならず
到底生命と呼べない中途半端なヤツです。


ウイルスは・・・
生き残る為に、居心地が良さそうな生命体=宿主に入り込んで暮らします。
 →これが健康な細胞にウイルスが入り込んだ状態。


入り込まれた細胞は、本来の遺伝子情報をウイルスに書き換えられてしまい
ウイルス遺伝子をもつ細胞は、そこから分裂を繰り返して活発に増殖を始めます。
・・・これが、ウイルス性疾患・・感染症の始まりです。


増殖を阻害したり、撒き散らさないようにすることが抗ウイルス薬の役目ですが
抗生物質同様に正常細胞を傷つける為、副作用が出やすいことが欠点で
直接ウイルスに働きかける抗ウイルス薬はほとんど無いと言われています。
抗生物質は細菌、真菌のための抗菌薬であって、ウイルス薬とは異なります。
生命の性質(たち)が違いますから、効果はありません。

ウイルスが遺伝子を書き換えるのですから、中には間違いも出てくるため
●型、▲型、■型と違った異なるグループ=亜種も生まれやすくなります。



抗ウイルス薬が×となれば・・・。
書き換えられた遺伝子を持つことになった不幸な細胞は、
もはや異種タンパクとして免疫細胞が攻撃して殲滅しなければ
暴露を容認することになります。

ところが増殖始めたウイルス細胞にとって、免疫系B細胞の抗体は
攻撃力としてはあまり役に立ちません。

すでに犯された細胞は・・・・
細胞ごと処理できるT細胞、NK細胞に頼ることになります。






それを根っこで支える栄養は・・・・・亜鉛。

ウイルスと戦うなら、ベースになる各種栄養素や
免疫活性に向かう栄養素は当然のこととして
亜鉛ごとき・・・が? です。


でも・・・微量ミネラル:亜鉛の力は偉大であり
とっても摂取しにくい栄養素の一つ。
んでもって、免疫細胞を鍛える!ための組織に不可欠なことから
ウイルスと戦うには不可欠なわけです。







亜鉛 に ・・・続く。







Cat's専科NinnaNanna2nd Room
いかなる場合においても、保証の限りではありません。
お読みになる全ての方の責任においてご判断ください。